マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)への想い

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)への想い

マウスピース型カスタムメイド矯正装置に関する注意の喚起

本邦におきましても、ここ数年でマウスピース型カスタムメイド矯正装置による矯正治療が少なからず知られるようになりつつあります。マウスピース型カスタムメイド矯正装置による矯正装置は、審美性に優れ、とても有用な反面、どのような歯科医師でも使えるような簡単な矯正装置ではありません。大学等専門教育機関で日本矯正歯科学会規定の修練を積んだ矯正歯科医による診断と適切な治療をお勧めします。

先進国の中でも、日本における矯正治療の経験者は、残念ながら決して多くありません。
アジア近隣国の方が矯正治療を受ける方が多いという現実を見ると、歯並びに対する日本人の意識の低さが際立ちます。

このような環境を改善するために、より多くの方に身近な治療として矯正治療を理解していただきたいと考えています。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)への想い

当院が得意とするマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)治療では、透明で着脱可能な装置を使います。
審美性に優れているだけでなく、食事や歯磨きのときに装置を外すことができるなど、機能性にも優れています。
日本における矯正治療が、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)を通じてより身近になることを願っています。

※薬機法対象外の矯正治療であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)と他装置との比較

矯正治療には、さまざまな装置が使用されています。矯正装置によって、メリット・デメリットがあるため、特徴やデメリットを把握し、複数の装置を比較し、納得して治療を開始していただきたいと思います。

目立ちにくさ

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、透明で薄いマウスピース型の装置を使用するため、歯の表面に装置をつけるブラケット矯正に比べて、装置が目立ちにくいというメリットがあります。
ブラケットを歯の裏側に装着する場合(裏側矯正)は、装置自体は表面からは見えません。

通院回数

ブラケット矯正は、定期的にワイヤーを調整したり交換したりして、歯を動かしていきます。定期的に受診が必要になるのはどちらも変わりありませんが、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の方が通院頻度は抑えられ、通院回数が少なくすることが可能です。

治療期間

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は少しずつ歯を動かしていきますが、短い移動距離で治療を進めるため、治療期間が長くなるとは限りません。
ブラケット矯正と比較しても、治療期間に大きな違いはないと言えるでしょう。

治療の痛み

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、少しずつ歯を動かしていくため痛みが少ないというメリットがあります。ブラケット矯正の場合は、(ブラケットの種類によっても異なりますが)装置を付けた時や調整を行った時に、痛みが出やすいです。(数日で軽減されます)

歯磨き・食事

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、ご自身で取り外すことが可能であり、装置を外して普段通りに歯磨き・食事ができます。
ブラケット矯正は装置を外せないため、慣れるまで歯磨きや食事が行いにくい場合もあるでしょう。ブラッシングが行いにくく不衛生になりやすいことから、虫歯・歯周病予防を徹底して行う必要があります。

治療費用

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、他の矯正装置に比べて費用が高くなりやすいですが、ブラケット装置は費用を抑えることも可能です。
ブラケット装置は、使用する素材や装着する場所(表側・裏側)によって費用が違ってきます。裏側矯正は装置が目立たないといったメリットがありますが、他のブラケット矯正に比べて費用が高くなります。

適応症

ブラケット矯正は幅広い症例に対応可能ですが、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による治療は、(症例によって異なりますが)マウスピース型カスタムメイド矯正装置単独で治せない場合があります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)のデメリット・注意点

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、ブラケット装置に比べて、装置が目立ちにくい・痛みが少ない・装置が外せるといったメリットがありますが、デメリットがあるのも事実です。
デメリットも把握したうえで、納得して治療を受けていただけるよう、当院ではデメリットも含めた治療説明を行っています。矯正治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

自己管理が重要になります。

正しい装着方法で1日20時間以上装置を使用しない場合、治療計画の通りに歯を動かすことができません。医師の指示に従って装置を使用しなければ、治療期間が延長する場合もあります。

補助矯正器具が必要になる場合があります。

お口の中の状態によっては、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)のみで治療できず、補助矯正器具が必要になる場合があります。

歯を移動させることにはリスクがあります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)に限ったことではありませんが、治療によって歯根吸収や歯肉退縮が起こる場合があります。また、保定装置を使用しなければ後戻りが起こる可能性があります。

装置を紛失した場合、別途費用が発生します。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)はご自身で取り外せるというメリットがありますが、紛失したり壊してしまったりした場合には、再製作が必要になり、別途費用が発生します。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は薬機法の対象外です。

当院が採用しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、日本の薬事法上の医療機器、および歯科技工士法上の矯正装置に該当しません。
そのため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

ページトップへ