治療費

治療費

初診相談料 ¥1,000(税込)
検査料 ¥33,000 (税込)
診断料 ¥16,500 (税込)
乳歯列〜混合歯列期(お子さま) ¥66,000〜528,000 (税込)
混合歯列期〜永久列期(小学高学年〜成人) ¥836,000〜1,210,000 (税込)
処置料 ¥3,000〜5,000(税込)

※『混合歯列期』は、乳歯と永久歯が混在している時期です。


当院では下記、クレジット・交通系マネーでのお支払いに対応しております。

クレジットカード
クレジットカード

医療費控除とは

医療費控除とは医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、 一定の金額の所得控除を受けられる制度です。
具体的には、その年の1月1日から12月31日までに、本人および生計を同じくする配偶者、そのほかの親族の医療費を 10万円以上支払った場合、翌年の3月15日までに申告すると税金が還付または軽減される仕組みになっています。
ただし、申告額の限度は200万円までとなっており、所得金額の合計は200万円以下の方は、医療費が所得額の5%以上だった場合に申告できます。



矯正治療も医療費控除に?

審美的な改善ではなく、噛み合わせや咀嚼の障害を治療するなど、昨日的な改善を目的をする矯正治療であれば、 医療費控除の対象となります。

申告にあたり、診断書の提出を求められましたら、無料で作成してお渡ししますので、お申し出ください。



控除金額について

控除額は、以下の計算式から求められます。


控除金額について

  • ※1控除額の上限は200万円
  • ※21年間(1月1日~12月31日)に支払った医声費
  • ※3総所得の金額が200万円未満の場合は総所得金額の5%


医療費控除の対象となる医療費

治療のための通院費も医療費控除の対象となります。
ただし、自家用車で通院したときのガソリン代などは、医療費控除の対象とはなりません。


  • ・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • ・治療のための医薬品購入費
  • ・電車代、バス代、タクシー代など通院や入院のために必要な交通費
  • ・治療のために、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
  • ・その他


還付を受けるために必要なもの

医療費控除の申告は、確定申告期間(毎年2月16日~3月15日)に、税務署に下記のものを持参する必要があります。


  • ・家族全員の1年間(1月1日~12月31日)の医療費の支払い額が証明できる領収書など
  • ・交通費のメモ(氏名・日付・交通機関・交通費・病院名・理由を明記)
  • ・源泉徴収票(給与所得者のみ。、コピー不可)
  • ・還付金の振り込み先の銀行名・支店名・口座番号のメモ
  • ・印鑑

詳しくは国税庁のHPをご覧ください。

ページトップへ