矯正装置の種類|インビザラインによる矯正治療で歯並びを治す松阪市のとき矯正歯科

矯正装置の種類 Type

当院の矯正装置について Orthodontic appliance

当院の矯正装置について

とき矯正歯科では、ライフスタイルやご希望などをしっかりとお聞きし、患者さま一人ひとりの症状に合った装置による矯正治療をご提案しています。
「装置が目立つから嫌だ」と、治療中の見た目に不安をおもちの方に対しては、それを解消できる審美性に優れた装置のご提供もできるので、ぜひお気軽にご相談ください。

一般的な矯正装置

一般的な矯正装置

マルチブラケット装置

一般的な矯正装置で、「ブラケット」という小さな器具を歯の表側につけ、中心にある溝にワイヤーを通して歯を動かします。難症例などほとんどの症状に適用できます。

ブラケットの種類

ブラケットは一般的には金属製ですが、審美性に優れた透明なプラスチック製のもの、白いセラミック製のもの、同じく白いジルコニア製のものまでさまざまな種類があります。
そのなかから患者さまのご希望に合ったものをご提案します。

「カラーゴム」で矯正治療を楽しく

ブラケットにワイヤーを固定するには、数ミリという小さなサイズの輪ゴムを使用します。この輪ゴムには、数十種類もの色があるので、お好きな色をお選びいただけます。
患者さまの気分に合わせ、装置をファッショナブルに見せるという着せ替え感覚で楽しむことができます。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)

「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」は、透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。透明で歯にフィットするので見えにくく、矯正治療中であることを周囲にほとんど気づかれません。食事のときには取り外せるので、治療中でも気にせずに食事を楽しめます。
症状の段階に合った装置を2週間ごとに新しいものに交換して、少しずつ歯並びを整えるという方法で治療を進めます。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発しており、これまでに全世界で900万人を超える患者さまが治療を受けられています(2020年10月時点)。また学術専門誌にも、この装置に関する多数の臨床報告論文が掲載されています。

なお、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)の日本への導入は、昭和大学歯学部歯科矯正学教室の槇宏太郎主任教授が中心となって進められました。
とき矯正歯科の土岐院長は、大学病院に在籍しているときから同教授より多くの症例をご指導いただき、さまざまな知識や技術を習得してきました。
その経験をいかし、地域の皆さまへのマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)のさらなる普及・発展を目指して力を注いでいます。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)のデメリット・注意点

「装置が見えにくい」「装置を自分で取り外せる」「痛みがほとんどない」などブラケット装置にはないメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。
それらをきちんと把握し、納得したうえでこの装置による矯正治療を受けていただけるよう、当院では事前にデメリットもご説明しています。この装置による治療に興味をおもちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

自己管理について

「1日20時間以上装置をつける」という適切な使い方をしなければ、当初の治療計画どおりに歯が動きません。長時間外したままにするなど装着時間を守らないと、治療期間が長引くことがあります。

補助矯正装置について

症状によりますが、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)のみで治療できないことがあります。その場合は補助矯正装置が必要になります。

歯の移動について

矯正治療によって歯根吸収・歯肉退縮することがあります。また、歯並びがきれいになったあとそのままにすると、後戻りする可能性があるため、保定装置を使って歯並びを安定させる必要があります。
これらは、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)に限らず、どの矯正装置を使っても起こりうる現象です。

費用負担について

自分で取り外せるというメリットがありますが、これにより紛失・破損する可能性があります。
その場合には再作製が必要になり、別途費用が発生しますのでご了承ください。

薬機法の承認について

薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器です。日本では完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外となることがあります。

そのほかの矯正装置

○ 拡大装置

急速拡大装置(固定式)

装置の中央にある拡大ねじを毎日少しずつ回すことで、約1~3ヵ月の短期間で顎の幅と歯列の幅を拡げる装置です。個人差はありますが、13歳くらいまでの使用が適切です。

緩徐拡大装置(可撤式)

コイルのように曲げたワイヤーの弾力によって歯列に継続的に弱い力を与えて、歯列の幅を押し拡げる装置です。歯列の拡大に必要な期間は半年~1年以上となり、長期にわたって少しずつ拡大していきます。

ポーター型拡大装置(固定式)

上顎または下顎の歯列の幅が狭い場合に使用されます。ループ状に曲がったワイヤーの弾力によって歯列に継続的に力を与えて、歯列の幅を押し拡げる装置です。

○ 機能的矯正装置

アクチベーター(可撤式)

口腔機能を利用して歯を動かす取り外しできる装置で、出っ歯や開咬(上下の歯が噛み合わない症状)の治療に使います。顎の位置を前に誘導したり、上前歯にあたる部分のワイヤーで前歯を中に押し込む効果があります。

リップバンパー(可撤式)

口唇圧(唇を閉じる力)を制御して歯軸の傾きを改善したり、永久歯が生えるスペースを確保します。また、受け口を改善するために下の歯に使います。

上顎前方牽引装置

上顎をコントロールする装置です。成長過程にある上顎に、前方への継続的な力を与えることによって、上顎の骨の成長を促し、受け口を改善します。

保定装置(可撤式)

リテーナーともいい、矯正治療で動かした歯が元に戻ってしまう「後戻り」を防ぐため、きれいに整った歯並びを安定させる装置です。

タングガード(可撤式)

舌が前に移動してしまうのをガードするワイヤーです。開咬や舌癖がある場合に使います。

● 矯正歯科治療にともなう一般的なリスク・副作用
  • ・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  • ・最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2 週間で慣れることが多いです。
  • ・治療期間は症例により異なりますが、成人矯正や永久歯がすべて生えそろっている場合は、 一般的に1年半~3年を要します。小児矯正においては、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)に行なう第1期治療で1~2年、永久歯がすべて生えそろった後に行なう第2期治療で1~2年半を要することがあります。
  • ・歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
  • ・装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • ・治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  • ・歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
  • ・ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ・ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
  • ・治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  • ・治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ・問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  • ・歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
  • ・矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
  • ・装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • ・装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
  • ・顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • ・治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
  • ・加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
  • ・矯正治療は、一度始めるともとの状態に戻すことが難しくなります。
●「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」による治療のリスク・副作用
  • ・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  • ・正しい装着方法で1日20時間以上使用しないと、目標とする治療結果を得られないことがあるため、きちんとした自己管理が必要になります。
  • ・ご自身で取り外せるため、紛失することがあります。
  • ・症状によっては、マウスピース型装置で治療できないことがあります。
  • ・お口の中の状態によっては、治療計画どおりの結果が得られないことがあります。
  • ・装着したまま糖分の入った飲料をとると、虫歯を発症しやすくなります。
  • ・治療によって、まれに歯根吸収や歯肉退縮が起こることがあります。
  • ・食いしばりの癖が強い方の場合、奥歯が噛まなくなることがあります。
  • ・治療途中で、ワイヤーを使う治療への変更が必要になることがあります。
  • ・お口の状態によっては、マウスピース型装置に加え、補助矯正装置が必要になることがあります。
  • ・治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
  • ・インビザラインは薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器です。日本では完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外となることがあります。
● 薬機法において承認されていない医療機器「インビザライン」について

当院でご提供している「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」は、薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器となりますが、当院ではその有効性を認め、導入しています。
○未承認医療機器に該当
薬機法上の承認を得ていません(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ウェブサイトにて2021年4月22日最終確認)。
○入手経路等
インビザライン・ジャパン株式会社より入手しています。
○国内の承認医療機器等の有無
国内では、インビザラインと同様の性能を有した承認医療機器は存在しない可能性があります(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ウェブサイトにて2021年4月22日最終確認)。
○諸外国における安全性等にかかわる情報
現在世界100カ国以上で提供され、これまでに900万人を超える患者さまが治療を受けられています(2020年10月時点)。情報が不足しているため、ここではインビザラインの諸外国における安全性等にかかわる情報は明示できません。今後重大なリスク・副作用が報告される可能性があります。
なお、日本では完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
※当該未承認医薬品・医療機器を用いた治療の広告に対する注意事項の情報の正確性について、本ウェブサイトの関係者は一切責任を負いません。

●「リップバンパー」による治療のリスク・副作用
  • ・不適切な方法で使用すると、臼歯部に過度な遠心傾斜が現れることがあります。
  • ・第2大臼歯(前から7番目の歯)の埋伏症例には適用できないことがあります。
  • ・オトガイ筋(下顎を上に引き上げる筋肉)が弱いと、遠心移動の効果が得られにくくなります。
  • ・下唇の内面に潰瘍を発症することがあります。
  • ・金属アレルギーを発症することがあります。

お問い合わせ Contact

お電話でのお問い合わせ 0598-25-5522
メールでのお問い合わせはこちら お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 0598-25-5522
Contents
  1. HOME
  2. コンセプト
  3. マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)への想い
  4. ごあいさつ
  5. 医院紹介・アクセス
  6. 矯正歯科
  7. 料金表
  8. お問い合わせ
  9. コラム
お電話でのお問い合わせ 0598-25-5522