小児歯科

小児矯正とは

成長期にある子どもは、身体だけでなく顎の骨も成長しています。その段階で矯正治療を始めることで、歯だけでなく顎の骨から正しい位置に動かせます。

大人になってから治療を受けるよりも、きれいな歯並びや正しい噛み合わせなど良好な治療結果を期待できるため、矯正治療は子どものうちに始めるのがよいとされています。

こどもの矯正治療の目的

噛み合わせの改善

噛み合わせの改善歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、身体だけでなく顔のバランスも崩れてしまいます。そうなると、全身の不調の原因になるだけでなく、顔つきや表情がコンプレックスとなり、うまくコミュニケーションできないなど、心理的な影響を受けてしまいます。
お子さまの心身の健康の回復と維持のためにも、小児矯正はとても有効です。

「抜かない治療」が可能

噛み合わせの改善子どもは、乳歯から永久歯に生え変わる成長期にあるため、大切な永久歯を抜かずに治療できる場合があります。
悪い歯並びや噛み合わせを放置して、顎の骨の成長が終わってから本格的な矯正治療を受けるよりも、簡単な装置を使って低額で治療を受けられるため、お子さまの大切な永久歯を抜かずに治療を受けさせたいという方にも、小児矯正はとても有効です。

ページトップへ