インビザライン

インビザラインとは

インビザラインは、透明なマウスピース状の矯正装置・アライナーを使い、装置が目立つことなく歯を動かせる治療方法です。

アメリカのアライン・テクノロジー社が開発・製造・販売しており、これまでに全世界で340万人を超える方がインビザラインによる治療を受けています。
また、審査のある学術専門誌に、インビザラインに関する多数の臨床報告論文が掲載されているなど、信頼と実績のある治療方法です。

なお、インビザラインの日本への導入は、昭和大学歯科矯正学教室の槇宏太郎教授が中心となって進められ、日本での症例数や臨床報告は圧倒的な数を誇ります。

インビザラインの特徴

透明なマウスピース状の矯正装置・アライナーは、薄くて軽いため、ブラケットやワイヤーをつける一般的な装置とは異なり、つけていることがほとんどわかりません。
また、食事や歯磨きのときには自分で取り外して洗浄できるので、口の中を清潔な状態に保つことができます。

治療は、最初に歯の動きをシミュレーションし、あらかじめ必要な数だけアライナーを作るところから始まります。
そして、約2週間に一度、歯の状態に合ったアライナーと交換しながら治療を進めます。
取り外しできる装置を用いることから、矯正装置の破損や脱落といった緊急時の対応の必要がありません。

「装置が目立つから嫌だ」と矯正治療をためらっている方は、ぜひご相談ください。

インビザラインの治療の流れ

  • STEP01

    初回相談

    患者さまの口を拝見して悩みやご希望をお聞きし、インビザラインの治療内容、治療期間、治療費などをご説明します。
    疑問や不安がある方は、どのような些細なことでも結構ですのでお気軽にお話ください。
    なお、初回相談は十分な時間をかけて患者さまとお話するため、完全予約制とさせていただきます。

  • STEP02

    診断

    精密検査の結果をご説明します。
    コンピューターによる分析を行ない、患者さまに適した治療方法をご説明します。
    治療方法、治療期間、治療費のお支払い方法など、きちんと納得して治療を受けていただけるよう、十分に話し合います。

  • STEP03

    シミュレーション

    検査結果をもとに、『クリンチェック』という3Dコンピューター画像を使って、治療開始から完了までのシミュレーションを行ないます。
    このとき、ご自分の歯がどのように動いていくのかを、3Dのアニメーション画像でご確認いただけます。

    その後、レントゲン写真、歯型、治療計画などのデータをアメリカのアライン・テクノロジー社(インビザラインを設計、製造、販売している会社)に送ります。データをもとに、同社のスタッフがデジタル3Dの歯列を作り、患者さまに合ったアライナーを作ります。
    そして、製作されたアライナーが日本に送られてきます。

  • STEP04

    装置装着

    クリンチェックにて製作されたシミュレーションをご覧いただき、治療完成時の噛み合わせを3D動画にてご確認いただきます。
    そして調整されたアライナーを2週間ごとの来院時に、次の段階のものに交換し装着していきます。治療期間は一般的に2年ほどです。
    アライナーは1日20~22時間以上装着しないと効率的な治療ができなくなってしまいます。
    食事や歯磨きのとき以外は、アライナーをつけるようにしましょう。

  • STEP05

    動的治療終了(保定期間)

    装置を外してそのままにしていると、せっかく改善された歯並びが元に戻ってしまう『後戻り』が起きてしまいます。
    それを防いできれいな歯並びを維持するため、約2~3年、リテーナー(保定装置)をつけていただきます。
    この間、季節ごとにご来院いただき、噛み合わせや歯の状態をチェックします。

インビザラインのお手入れ

アライナーのお手入れ方法は、基本的には水で洗い流していただくだけで結構です。
汚れがひどいときには、歯ブラシで磨いていただいたり、専用クリーナーを用いて洗浄していただきます。アライナーは2週間ごとに新しい物に交換するため、その間だけきれいに保てればいいので、それほど神経質になる必要はありません。

インビザラインQ&A

※質問をクリックすると回答が表示されます。

装置をつけると、痛みや違和感がありますか?

アライナー装着直後は締め付けられる感じがあり、少し経つと歯が痛み始めることがあります。違和感もありますが、従来の矯正装置ほどではなく、個人差がありますが2~3日で慣れる方が多いようです。

装置をつけると、 話しにくくなりますか?

アライナー装着直後は多少の違和感を覚え、発音しにくく感じますが、すぐに慣れ、通常通り話せるようになります。

どんな歯並びでも治りますか?

症例によっては部分的にワイヤーを用いた矯正装置との併用もあります。
ただし通常の矯正治療でも、治療の始めや最後にインビザラインを併用することで期間を短縮することもできます。詳細は検査を行なってからご説明するので、まずはご来院ください。

何歳から始めるのがいいですか?

症状によって適切な開始時期が異なります。歯並びや噛み合わせが気になるという方は、ぜひ相談ください。

年齢制限はありますか?

小学生高学年以降が適応となります。歯や歯肉、歯を支える骨の状態によって治療が可能か否かを判断するので、歯並びや噛み合わせが気になるという方は、まず相談ください。

当院の確かなインビザラインの実績

当院院長は、大学病院に在籍しているときから、日本におけるインビザラインの第一人者・昭和大学歯科矯正学教室の槇宏太郎教授に多くの症例をご指導いただきました。
また、院長は、アメリカのアライン・テクノロジー社認定のインビザラインドクター、そしてインビザライン クリニカル スピーカーとして、インビザラインの普及・発展に努めています。

2013年度には、同社の海外地域(アメリカ・カナダを除く地域)における最も優れたインビザライン治療症例を選出する『International Invisalign 2013 Peer Review Awards』にて、3位に入賞しました。

ページトップへ