治療の流れ

治療の流れ

矯正治療は、一般的に以下のような流れで行ないます。

  • STEP01

    初回相談

    初回相談

    患者さまの口を拝見して悩みやご希望をお聞きし、治療内容、治療期間、治療費などをご説明します。疑問や不安がある方は、どのような些細なことでも結構ですのでお気軽にお話ください。
    なお、初回相談は十分な時間をかけて患者さまとお話するため、完全予約制とさせていただきます。

  • STEP02

    精密検査

    精密検査

    歯科用CT撮影、口腔内および顔貌写真撮影、顎関節検査、虫歯・歯周病検査などを行ないます。

  • STEP03

    診断

    診断

    後日、精密検査の結果ご説明します。コンピューターによる分析を行ない、患者さまに適した治療方法をご説明します。
    治療方法、治療期間、治療費のお支払い方法など、きちんと納得して治療を受けていただけるよう、十分に話し合います。

  • STEP04

    装置装着

    装置装着

    患者さまに合った装置をご提供し、装着に際した使用方法やお手入れについてご説明します。治療中には、虫歯や歯周病、その他の病気予防のための歯磨き指導や口腔内清掃を随時受けていただきます。

  • STEP05

    定期的な治療

    定期的な治療

    治療期間は患者さまの症状や顔の骨格などによって異なりますが、平均で約2年かかります。治療中は、1ヵ月に1回、インビザラインの場合は約2週間に1回の間隔で通院していただきます。

  • STEP06

    矯正装置除去(保定期間)

    矯正装置除去(保定期間)

    装置を外してそのままにしていると、せっかく改善された歯並びが元に戻ってしまう『後戻り』が起きてしまいます。それを防いできれいな歯並びを維持するため、約2~3年、リテーナー(保定装置)をつけていただきます。

    また、お子様の場合は永久歯の交換を正しく誘導するための保隙装置や顎の成長を促す装置をつけていただきます。


    この間、季節ごとにご来院に一度ご来院いただき、噛み合わせや歯の状態をチェックします。

矯正治療中の注意点

矯正治療中は、歯に装置がついているという特別な状態が続きます。
装置を付ける前と同じケアではなく、以下のように装置があることを意識したケアを行ないましょう。

丁寧に歯を磨く

治療中は、装置をつけている分、歯ブラシが細かいところまで届きにくく磨き残しが出るため、虫歯・歯周病にかかりやすくなります。
毎食後の歯磨きはもちろん、間食をした後など何か食べたら歯を磨く習慣をつけるようにしましょう。
外出していても食後はできるだけ歯を磨くようにすることが大切です。
手鏡を見て、装置の周囲に歯ブラシが当たっているか、汚れが落ちているかなどを確認しながら磨いてください。

硬い物や粘性のある物は食べない

おせんべいなどの硬い物をかむと装置が破損することがあるので、小さく砕いてから食べるようにしましょう。
とくにアイスキャンディーなどの氷菓子には注意が必要です。
また、ガムやキャラメルなど粘性のある食べ物は、歯や矯正装置につきやすく破損の恐れが高まります。
できるだけ控えるようにしましょう。
ほうれんそうなど繊維質の葉物野菜なども装置に引っかかりやすくなります。爪楊枝や指で触らず歯ブラシで取りましょう。

ページトップへ