成人矯正

成人矯正とは

矯正治療というと、「子どもが受けるもの」「子どものうちに始めないと効果がない」というイメージを持たれがちです。

たしかに、成長期にある子どもは顎の骨も成長しており、歯だけでなく顎の骨から正しい位置に動かせるため、良好な治療結果を期待できます。子どものうちに治療を始めるのがよいとされるのは、このような理由があるからです。

しかし、大人になってから始める矯正治療は、決して無意味なものではありません。 子どもが行なう治療より時間や費用がかかることがありますが、大人はきちんと自己管理ができるため、治療がスムーズに進行し、良好な治療結果を期待できます。

大人の矯正治療の目的

見た目の改善

見た目の改善大人になってから矯正治療を受ける方のなかには、「見た目が気になるからきれいに治したい」と治療を決断する方が多いのではないでしょうか?
子どものころから、「歯並びの悪さが気になって思いきり笑えない」、「顔つきや表情がコンプレックスになってコミュニケーションに苦痛を感じる」など心理的な影響を受けてきた方も、見た目が改善されることで心理的な余裕が生まれるなど、プラスの効果を生み出します。
「積極的な自分に生まれ変わりたい」という方にとって、成人矯正はとても有効です。

噛み合わせの改善

噛み合わせの改善歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、身体のバランスが崩れてしまいます。そうなると、頭痛、耳鳴り、肩こり、腰痛、膝痛など、全身に悪影響を及ぼすことがあり、慢性的に不調が続く原因になります。また、食べ物をよく噛めないため、消化器官に負担をかけることにもなります。
しかし、噛み合わせが良くなることで全身の健康を回復・維持できるようになるため、そのような意味でも成人矯正はとても有効です。

ページトップへ