矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科では、一般的に出っ歯、受け口、八重歯、乱ぐい歯、すきっ歯などといわれる問題のある歯並びを、矯正装置を使ってきれいな歯並びへと改善し、正しい噛み合わせへと導く治療を行ないます。

矯正治療というと、「装置が目立つ」などマイナスイメージを持たれがちですが、最近ではさまざまな種類の装置が開発されており、目立たない装置などもあるため、以前よりもストレスを感じずに治療を受けられるようになりました。

当院では、患者さまの症状を拝見し、できる限りライフスタイルやご希望に沿った装置をご提供させていただきます。矯正治療をご検討の方、歯並びや噛み合わせでお悩みの方はぜひご相談ください。

矯正治療と身体との関係

歯並びが悪いと、以下のような問題を引き起こすことがあります。

  • 歯ブラシが細かいところまで届きにくく磨き残しが出るため、虫歯・歯周病・口臭症にかかりやすい
  • 噛み合わせが悪いため、発音や咀嚼(噛むこと)をしにくくなる
  • 噛み合わせが悪いため、顔つきや表情が独特なものとなり、審美面に悪影響を及ぼす

これらは歯だけの問題ではなく、場合によっては免疫力の低下など身体的な影響、見た目がコンプレックスになるなど心理的な影響を及ぼします。

矯正歯科では、機能性や審美性を改善することで、歯並びの悪さを原因とするさまざまな問題の治療や予防を行ない、心身の健康の回復と維持を目指します。

当院の矯正治療

「装置が目立ってしまう」とマイナスイメージを持たれがちな矯正装置ですが、最近では、透明なマウスピース状の装置をつける『マウスピース矯正』があります。
薄くて軽く、ブラケットやワイヤーなどがないので目立ちません。自分で取り外すこともできます。

マウスピース矯正にはいくつか種類がありますが、当院では、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発・製造・販売している『インビザライン』という装置をご提供しています。
院長は同社認定のインビザライン・ドクターであり、多くの症例を診た経験と実績があるので、「目立たない装置で治療したい」とお考えの方は、ぜひご相談ください。

ページトップへ